ブランド猫

☪ブランド品のマーケティングの一つに☪

ブランド品のマーケティングというのは、いくつもありますがその一つが品薄商法と呼ばれるものです。 商品をあえて、需要に少し足りないくらいしか供給しないことによって、プレミアム感を出すのです。 基本的には、商品は売れれば売れるほどよいものですから、欲しがる人の分だけ作るのがベストです。しかし、そのもの自体にプレミアや価値を見出している場合は、需要を充足してしまうと逆に価値が下がることがあります。ですから、基本的には品薄にしておくことが、一つにマーケティングとして成立しているのです。 それと地域を限定して発売をする、ということもかなり有効的であり、わざわざ海外に買いに行く人も出てきます。 ブランド品は、質がよいことは間違いないのですが、それでもそれが価格に比例して、そして相応しい値段になっているのか、というとそうでもないです。 つまりは、ブランド品はマーケティングの結果、成果として高い価値になっているわけです。